セロリが食べられない

何か思ったこととか思ってないこととか。趣味とか学校とか。

ぼくのはじめて -音楽CD編-

 何かシリーズ化しそうなタイトルですが他にネタないのでシリーズ化しないと思います。

今回は僕が初めて買ったGARNET CROWというグループのCD×2について書こうと思います。改めて聴いてみた感想とかも書くので興味を持ったら聴いて欲しいですが音楽ストリーミングサービスとかでは多分扱ってないのでそこに無かったら大人しく音源を買うかCDをレンタルするか友達に借りるかしてください。。。あ、知り合いであれば貸します。。。

「あぁ、こんな風に感じる奴がいるんだな」程度に見てもらえると嬉しいです。

 

 

まずGARNET CROWって誰だよ

 おそらく「GARNET CROWって誰だよ」と思ってる人も少なくないかと。分かる(分かってない)。

簡単に言うと1999年12月にインディーズデビュー、2000年3月にメジャーデビュー、2013年6月に解散した男女4人組グループです。終わり。

もうちょっとちゃんと説明すると、メンバーはVo.の中村由利、Gt.の岡本仁志、Key.の古井弘人、AZUKI 七の4人。ライブの時はその他のパートをサポートメンバーで補ってます。「作詞はキーボードのAZUKI 七、作曲はボーカルの中村由利が担当する」という「普通逆じゃね?」と言いたくなるグループです。

曲の感じとかは年とかアルバムによって違うので一言で表すのは難しいですが無理やり一言で表すなら「J-POP」です(?)。ダークな感じというか暗い感じの曲の方がファンからの評価高い気がします。詞に関しては詳しくないのですが、ポジティブなワードは少ない気がします。Wikipediaから引用すると

製作した歌詞には、無常観、寂寥感、死といった観念や当て字を多用する傾向があり、その中で用いられる単語は、神話や宗教、聖書や文学作品に由来しているものがある。

 みたいです(2019年2月時点)。考察というかをしてみると面白そうな気がする。当て字はほんとにすごいです(例 : 五感(きもち)、実体なくなる(ぼくらきえる)、、、等々)。

僕と同じ90年代生まれの人には「コナンの曲歌ってた人達だよ」とか「メルヘヴンの曲歌ってた人達だよ」とかいうと分かりやすいかもしれません。

何買ったのさ

買ったのは中1の夏(2011年)。

 parallel universeの方は8枚目のオリジナルアルバム、THE BEST History~の方はシングルベスト。どちらも2010年発売(parallel universeは12月、THE BEST History~は2月)。

THE BEST History~は普通にシングルベストでデビューシングルから2009年までの全シングルが発売順に収録 + 新曲1曲 (+ 初回盤にはカップリング曲が15曲)の作品で特別感想があるわけではないので今回はparallel universeについての感想を。

ちなみにTHE BEST~の3年後にまたシングルベスト出してるので普通に入門用として買うならそっちでもいいと思いますがAs the Dewという曲のオリジナルバージョンはTHE~にしか収録されてなかった気がします。やり方が汚いな。

 

やっと感想

前置き長すぎた。。。やっと感想。今回はparallel universeの感想を(再確認)。一曲ずつ簡単に書いていこうかなと。

1. アオゾラカナタ

アルバムのジャケ写に合ってる感(特に通常版)とか曲の入り方や歌詞とか「これから始まる」って感じが好きです。割とポップな感じですが歌詞のせいなのか歌い方のせいなのかちょっと聴き方を変えると儚さのようなものも感じて(元々好きだけど)改めて好きだなと感じる曲です。

僕はこのアルバムが初めてだったのですんなりと入り込めましたけど古参の人とかこの雰囲気どう感じたんですかね、気になるところです。

 

2. As the Dew ~album version~

名探偵コナンのOPだった曲。オリジナルバージョンとは異なりサビからの入り。どことなくGARNET CROWらしさを感じるもののこれまでとは違う感じかなという印象。2番の歌詞が何となく好き。アレンジについてはオリジナルバージョンの方が好きです()

あとコナンのOP曲聴いてるとイントロで脳内のコナン君が勝手に喋り出すんですけどそういう現象起きる人いません?いないか…

 

3. Over Drive

コナンの劇場版、天空の難破船(ロストシップ)の主題歌。ただひたすらに綺麗というか透き通っているというか空を感じるというか(意味不明)、そういう曲です。

目覚ましの曲にすると朝感(語彙力)がすごくていいですよ。

 

4. tell me something

Over Driveとイメージは近いんだけどちょっと違う感じ。Over Driveは無限に広がっていくイメージに対してこの曲は広げすぎた感じを少し狭めた感じ。何か言い方がOver Driveの下位互換感を感じさせる言い方だけど否定はできないかな()()()

でも完全にOver Driveに飲み込まれている訳じゃなくて、ちょっと違うと感じた部分が上手く主張している感じ。何気に好きな曲。

 

5. 迷いの森

前の明るい2曲があるからか、ダークな感じの曲なのにどことなく安心感を感じるというか着地したなと感じる曲。単体で聴くことはあまりないけどアルバムの中で聴くとすごく良いなと感じたり。

 

6. 空に花火 ~orchestra session~

このアルバムの数か月前に発売されたコンセプトアルバムAll Loversに収録された「空に花火」という曲のオーケストラバージョン。

前曲で安心感を得たからなのかすごく沁みる曲。All Loversのオリジナルver.との聴き比べもしましたがやっぱりオーケストラバージョンの方が広がりや奥行きを感じてアルバムにマッチしているなと感じました。これだけ言っておいてアレですが、僕はどっちかというとシンプルな方が好きなので実はオリジナル派です()()()

 

7. 渚とシークレットデイズ

あんまり好きじゃない()()()

 

8. The Crack-up

ファンの中だとこの曲が好きって人が一番多いんじゃないでしょうか。GARNET CROWって感じですよね(?)。イメージ的には5thアルバムのTHE TWILIGHT VALLEYが近いかなという印象。あのアルバム大好きなのでこの曲も好きです。

でも僕は次のstrangersという曲が大好きなのでちょっとそっちに持っていかれてしまっている印象。

 

9. strangers

前曲があるからかこの曲が好きって人あまり見かけないけど、僕がこのアルバムの中で一番好きな曲。GARNET CROWの中でも上位に入る好きな曲。あんまり分厚くないというか、すごく素朴な感じがとても好き。なんでしょうね、こういうことやっている人が言うことじゃないかもしれないけど、好きってそれ以外の言葉にしにくいんですよね。

改めて聴いてみるとベースの刻み方が気持ちいい。。。こういうシンプルなのはやっぱりいい。ベースあんまり弾かないから分かんないけど、こういうプレイが一番難しいと思ってる。

緑揺れる午後の空 幾つ目の飛行機かな 遠く潮騒が届いて客船が泊まった

 

住み慣れたこの町はいつもstranger(みしらぬひと)で賑わう 100年前も変わらない場所

曲の雰囲気とか歌詞から感じられる異国感もたまらなく好き。

 

10. 今日と明日と

本編のラストナンバー。アオゾラカナタから始まった世界が終わるんだ感があってすごく好き。でもやっぱりstrangersに持ってかれてくんだよね、あの曲っょぃ。。。

 

11. Over Drive ~theater version~

通常版のみに収録されているボーナストラック的な感じ。天空の難破船で使用されたバージョン。イントロが省略されてアカペラから入る以外は特に違いはないような気がします。僕はこっちのバージョンが好きです。

 

最後に

このアルバム、1周目よりも2周目、3周目とかの方がより味が出るというか聴けば聴くほどハマっていくような気がします。前作の評価が良すぎたからかちょっと厳しめの評価してる人もいるみたいですが、個人的にはいいと思います。初めてのアルバムとしてお勧めするかと言われたら分かんないけど()()()

 

このグループ、年代によって楽曲のアレンジの印象が結構変わったりするので「全員にこのアルバムをおすすめします!」というのは出来ないのですが、せっかくなので(超個人的)おすすめアルバムをいくつか紹介しようかなと。

まずは、2013年発売のベストアルバム、THE ONE~ALL SINGLES BEST~。デビューシングルから最終シングルまで全曲を収めているので、とにかく色んなの聴いてみたいという人は最初にこれ聴いて好きな年代を漁ってみるのがいいかなという感じです。僕個人の話をするとコナンで使用されていた曲をリアルタイムで聴いていたのでその辺に好きな曲が多いです(世界はまわると言うけれど、涙のイエスタデー、Doing all right、夏の幻…とか)。

THE ONE ~ALL SINGLES BEST~

THE ONE ~ALL SINGLES BEST~

 

 どっぷりと浸かったらカップリングベストのGOODBYE LONELY~Bside collection~もオヌヌヌです。カップリング曲の評価も高いGARNET CROWを深く知るにはいいと思います。

GOODBYE LONELY?Bside collection?

GOODBYE LONELY?Bside collection?

 

 

 

そんなに幅広く聴くのはめんどう!ファンからの評価が高い曲が集まってるアルバムとかないの?って人、あるんだなぁこれが。公式サイトで行われた投票によってシングル曲アルバム曲等、関係なく選曲されているのでファンの間で名曲と言われている曲が手っ取り早く聴けます。parallel universeからはOver DriveとThe Crack-upが選曲されています。

GARNET CROW REQUEST BEST

GARNET CROW REQUEST BEST

 

 

ついでに評価の高い(?)オリジナルアルバムも紹介しておきます。まずは1stアルバムfirst soundscope~水のない晴れた海へ~。レビューとか見てると「邦楽史に残る名盤」みたいコメントがあり、それは言いすぎじゃない?とは思いましたが、普通にいいアルバムです。発売が2001年なので今聴いてもサウンドの斬新さというかは特に感じないかもしれませんが全体を通してとにかく美しいです。このアルバムは夏の幻という曲が好きです。

first soundscope?水のない晴れた海へ?

first soundscope?水のない晴れた海へ?

 

 

続いては7thアルバムのSTAY~夜明けのSoul~。このアルバムもバラエティに富んでいながら、ダークな感じが出ていると評価高いです。前作6thアルバムのLOCKSが明るい要素が強めですごく評価の分かれるアルバムだったのでそれもあって評価がより高くなったのかもしれないですね。

STAY~夜明けのSoul~

STAY~夜明けのSoul~

 

 

おすすめ書いてて思うけどこの人達ベストアルバム出しすぎじゃない?